杏仁オイル(アプリコットカーネル)の首イボへの効果と使い方

杏仁オイルは杏の種子の中にある仁から摂取されるオイルで、肌のハリや艶を保つために必要なパルミトレイン酸やオレイン酸、リノール酸などが豊富に含まれている美容オイルです。

肌の状態を整えていく効果が期待出来ますので、老人性の首イボへ効果があります。

天然成分で作られている杏仁オイルは肌に優しく特に副作用は確認されていませんが、オイルの中でも肌馴染みが良い方ではありませんのでマッサージで使用するなど工夫して首イボケアする必要があるでしょう。

杏仁オイル(アプリコットオイル)とは?

杏仁オイルはアプリコットオイルと呼ばれることもあるオイルで、パルミトレイン酸が豊富に含まれていることで知られているオイルです。杏の種子の中にある仁から摂取されるオイルで、杏仁豆腐の杏仁です。

杏仁オイルは美肌効果は高いオイルだと言われていますが、実際に肌にハリと艶を生み出すと言われるパルミトレイン酸が豊富に含まれていますし、オレイン酸やリノール酸も含まれています。

オレイン酸は人の皮脂に似た成分で肌を保護してくれますし、リノール酸は肌の角質化を防いでくれることが分かっています。

それだけではなく杏仁オイルにはステアリン酸やパルミチン酸など肌を活性化させることの出来る成分が含まれています。

杏仁オイルの首イボへの効果

肌へ効果的な成分が豊富に含まれている杏仁オイルですが、首イボへの効果は期待できるのでしょうか。杏仁オイルは首イボの中でも老人性の首イボに効果を発揮すると考えられています。

杏仁オイルに含まれるオレイン酸などにより皮膚の新陳代謝が活発になります。

老人性イボは皮膚の老化により新陳代謝が乱れ角質層が上手く剥がれ落ちずにイボ状態になってしまったものですので、杏仁オイルによって肌ケアを行うことでイボの予防や除去に繋がるのです。

また保湿だけではなく紫外線予防効果もありますので老人性イボが出来にくい肌へとサポートしてくれます。

新陳代謝を正常な状態にすることで角質化してしまっているイボを取り除くと言うわけですので、殺菌や消毒が必要となるウイルス性の首イボには効果がないので注意してください。

杏仁オイルの副作用は?

杏仁オイルは製品によもよりますがほとんどの場合天然成分100%のオイルで非常に体に優しいものになっています。

そのため杏仁オイルを使うことによる副作用というのは報告されていません。

ただし美容オイルを利用することでニキビが出来てしまいやすい方などもいますので、絶対に肌トラブルが起こらないものではありませんので注意してください。

杏仁オイルの首イボへの使い方

杏仁オイルに含まれているパルミトレイン酸などは若く健康的な肌に多く含まれている成分で知られていますし、オレイン酸なども人の皮脂に近い成分になっているのですが、杏仁オイルは他の美容オイルと比べても親水性が低いです。

そのため塗布するように使用するとべたつきを感じてしまう方が多いです。

そのため杏仁オイルで首イボをケアするのであれば、杏仁オイルを使用して首全体をマッサージする方法が効果的です。杏仁オイルを1滴か2滴ほど手のひらに垂らし、手のひらで温めた後に首をマッサージしていきます。

杏仁オイルは滑りが良いですので摩擦から肌を守りながらケアをすることが出来ます。マッサージの方法はリンパに沿った方法でも良いですし、コリの改善を意識したものでも良いです。

しっかりと肌にオイルを馴染ませてあげることが大切ですので、1回あたり3分ほどかけてじっくりマッサージしましょう。

まとめ

杏仁オイルはハリや艶など肌に若さを与えると言われているパルトミレイン酸をはじめ新陳代謝を促してくれるオレイン酸やリノール酸など豊富に含まれているオイルで、美容に効果的だと話題です。

そのため老人性の首イボのケアに効果的で、新陳代謝が乱れ角質が剥がれ落ちずにイボが出来てしまった肌の新陳代謝を活発にし角質層を整えてくれます。

副作用は特にありませんが、杏仁オイルは肌馴染みがあまり良くないオイルですのでマッサージして利用するなど工夫が必要です。