首イボの原因は老人性とウイルス性の2種類。うつる?放置していい?

いつの間にか出来てしまった首のイボが気になるという方は少なくありません。首に出来てしまうイボは比較的小さいものが多いため、気が付いた時には複数個出来ていることが珍しくないためです。

ここでは首イボの種類について解説していきます。

首イボは2種類どっちか見極める方法(特徴)

首イボは老人性イボと呼ばれるものとウイルス性イボの2つに分けられます。老人性イボとウイルス性イボは治療方法が異なりますので、首に出来たイボが老人性のものなのか、ウイルス性のものなのかを見極めることは大切なことになります。

老人性イボの特徴

  • 1mmから3mm程度の大きさ
  • 褐色または茶褐色
  • 平坦またはごく僅かな隆起
  • 痛みがない
  • 触っても通常の皮膚と手触りが変わらない

ウイルス性イボの特徴

  • 3mm以上のものが多い
  • 透明、褐色、黒
  • 通常の皮膚より水を含んだように柔らかい、通常の皮膚より硬くザラザラする

ウイルス性イボの場合は感染するウイルスによって特徴が異なりますので、老人性イボの特徴と比較しながらイボを見分けることが大切です。

ぶつぶつ老人性イボができる原因

老人性イボが出来る原因は、皮膚の老化です。

紫外線や乾燥、皮膚への刺激などにより皮膚が老化すると皮膚の再生サイクル、つまりターンオーバーが乱れてしまいます。そうすると不要な角質が剥がれ落ちることが出来ず蓄積し、老人性イボになると考えられています。

肥満傾向にある女性に出来やすいことも分かっていますし、皮膚の老化が関係していることは非ウイルス性であることからも明らかだと言われていますが、老人性イボが出来る仕組みはいまだはっきりとは解明されていません。

ウイルス性イボができる原因

ウイルス性イボが出来る理由は非常に単純です。ウイルスに感染することによって起こるからです。ウイルス性イボの原因となるウイルスは100種類以上もあることが分かっています。これらは接触感染が主な感染ルートです。

ウイルス性イボのウイルスが付着した場所に触れてしまうことで感染してしまいます。ただ触れただけで触れた場所が感染するのではなく、目に見えないほどの傷でも、傷口があると感染してしまうのです。

ウイルス性イボは感染性が弱いとは言われていますが、感染するイボですので完全に予防することは難しいと言われています。

首イボは放置しても大丈夫?

首イボが老人性イボの場合であれば、良性のイボですから積極的な治療を行わなくても健康上の問題はありません。病院へ行った場合でも、良性であることから見た目が気にならない場合は治療を行わないことも多いです。

ただしウイルス性イボの場合は、放置していると数がどんどん増えてしまう可能性がありますので、出来るだけ放置はせず病院へ行くようにしてください。

ウイルス性イボの治療や液体窒素やレーザーを用いてイボを1つ1つ取り除くことになるケースが多いですから、数が少ない段階で治療を開始するのが良いでしょう。

首イボはうつるの?

首に出来たイボが老人性イボの場合は、非感染性イボですのでイボがうつることはありません。老人性イボの場合、徐々にその数が増えることもあります。

それによりイボが感染して広がっているような印象を受けますが、皮膚の老化に伴い数が増えることはあっても、感染しているわけではありませんので、他者にうつしてしまう心配はいりません。

首に出来たイボがウイルス性イボの場合は、人にうつしてしまう可能性があります。また、自分自身でイボを触ることで手などにイボがうつる可能性はあります。

ウイルス性イボのウイルスは感染力がとても強いというものではありませんが、感染する可能性があるイボですので注意してケアしてください。

まとめ

首に出来るイボは老人性イボとウイルス性イボがあります。放置していても大丈夫な老人性イボ、感染の可能性があるウイルス性イボ、それぞれ見た目に分かりやすいもののケア方法が異なることになりますので、しっかり見極めるようにしてください。