首イボをハサミや爪切りでちぎるのは絶対にNGな理由

首イボをハサミや爪切りでちぎると、間違った場所を切ってしまうことにより出血のリスクがあります。

またウイルスや雑菌が皮膚内部へ侵入してしまう感染リスクもあり、ウイルス性イボの場合ではウイルスが内部感染した結果、皮膚が硬くなってしまうという問題が起きた方もいます。

病院でハサミを用いてイボを切除してしまえるのは、出血などの万が一のリスクに備えながら、清潔に消毒された道具で切除を行っているためです。自宅で簡単にまね出来ることではありません。

首イボをハサミや爪切りでちぎるという情報があるが

首イボ治療について調べている場合などでは、首に出来たイボをハサミや爪切りでちぎってしまうという方を見かけます。

病院へ行って治療する場合にも液体窒素を用いていぼを取り除いたり、時にはハサミを用いて首イボを治療することがあるため、安全であると話ている方が多いのですが、自宅でハサミや爪切りでイボをちぎるのはリスクが高い治療法です。

ハサミや爪切りで首イボを取り除くのはリスクがあることですので、出来るだけ行わないようにしましょう。おすすめすることの出来る方法ではありません。

出血や感染の可能性が大きい

自宅で自分自身で首イボをちぎってしまうという方法は、お勧めすることができません。

痛みを伴うだけではなく、出血や感染の大きい方法だからです。たかが小さないぼをハサミや爪切りで切ることで起こる感染なんてそれほど大きなものではないと感じているかもしれません。

しかしウイルス性のイボの場合ではそのウイルスが傷口から皮膚内部に侵入し、皮膚が硬く盛り上がってしまうことがあります。このように皮膚内部でウイルスが感染してしまうと、病院で大きく切除する必要が出てくる可能性もあります。

自然に盛り上がりがなくなり治癒されることは考えられませんので、病院治療が必須になるでしょう。

雑菌やばい菌が傷口から侵入した場合では傷口が膿んでしまうだけではなく、感染症を引き起こし熱が出る子も考えられます。

自分自身で首イボをちぎってしまう方法は痛みを伴うものの他の方法よりも即効性があるため、危険だと分かっていても行ってしまう方がいます。

しかし出血や感染のリスクは決して低いものではなく、重篤な症状に陥ってしまう方もいることを覚えておいてください。

皮膚科の医療用ハサミだからキレイに除去が可能

自宅でハサミで首イボをカットしてしまう方の中には、以前病院でイボ治療を行った経験があると言う方が多いです。病院でイボをハサミでカットしたことがある経験から、自分自身でもカットしてしまおうと感じてしまうのです。

自宅のハサミと医療用ハサミは見た目が似ているものも多いですが、医療用ハサミはしっかり必要濃度の消毒液で消毒されている清潔なものになっています。そのためハサミでもイボをカットすることが出来るのです。

自宅のハサミを水や洗剤、市販の消毒液で洗ったくらいでは医療用ハサミ同様の消毒が行われているとは言えません。

感染を引き起こし傷跡が残る危険性もありますので、医療用ハサミ以外での首イボのカットはおすすめしません。

まとめ

首に出来たイボを自分自身でハサミや爪切りを使用してちぎってしまう方がいます。確かにイボを切るのは見た目よりも痛みを伴いませんので、自分で行おうと考えれば出来てしまうものですが、そこには大きなリスクも潜んでいます。

自宅で用意するハサミや爪切りでは病院同様の消毒を行うことが出来ませんので、うまく切れずに出血する恐れもありますし感染のリスクもあるのです。

結果的に病院へ行って治療が必要となってしまいますから、はじめからハサミや爪切りを用いた首イボのカットは行わないようにするべきです。