馬油(ソンバーユ)は首イボを取る効果があるのか?

馬油は首イボの中で老人性イボを取り除く効果が期待出来ます。老人性イボは良性のイボで数が増えてしまったり見た目が気になる場合ではなければ、治療をしないことも多いです。

馬油での首イボケアは1日や2日で治るものではありませんので、長期的に使う必要がありますが、病院でのイボケアのように痛みを伴いませんので便利です。

保湿ケアやオレイン酸により肌を良い状態へ導くことが出来ます。馬油でイボケアする場合には使用手順に気を付けて行うようにしてください。

馬油(ソンバーユ)とは?

馬油とは古くは中国から伝わり日本で昔から使用されてきた民間治療薬です。

名前からも分かる通り馬の油で作られます。馬の油は人間の皮脂の性質によく似ているという特徴があり、これによって負担を掛けずに皮脂膜を作ることが出来ます肌にので保湿に優れた効果を発揮しします。

また馬油にはほかの油とは比較にならないほどの浸透力があり、角質層の隙間へしっかりと入り込むことが出来ますので空気から肌を遮断することが出来、抗酸化作用があると言えますし、さらには抗炎症作用があることも分かっています。

そのため馬油は切り傷ややけどのような怪我にも用いられてきましたし、肌の保湿ケア用品としても親しまれてきています。シミやそばかすの予防として利用されることもあります。

日本では特にやけどの薬として親しまれることが多いですが、これは抗炎症作用と熱を取り除くことの出来る作業、加えて空気と遮断することで刺激から肌を守ることが出来るためです。

おすすめの馬油はソンバーユ

馬油の中でロングセラーの「ソンバーユ」は、色々な馬油がありますが、これを選んでおけば間違いないでしょう。

馬油は首イボへの効果がある?

万能な薬として使用されてきた馬油ですが、首イボへの効果も期待できるものなのでしょうか。結論から言えば、馬油は首イボへの効果が期待出来ます。

馬油には人の皮脂に似た成分として知られているオレイン酸が豊富に含まれています。このオレイン酸は皮膚のターンオーバーを正常な状態にする力も持っていますし、馬油の保湿効果は非常に高く外部からの刺激から肌を守ってくれますので、イボ治療に効果的なのです。

特に首に出来る老人性のイボに効果的で、ターンオーバーを整えることで皮膚表面に留まってしまいイボとなった古い角質層を取り除くことが出来ると考えられています。

ただし馬油には殺菌作用などは含まれていないため、ウイルス性の首イボには効果を実感することが出来ませんので注意してください。ウイルス性首イボの場合には別の方法で首イボをケアしてあげる必要があります。

馬油の首イボケア方法(使い方)

馬油を首イボケアで使用する際には、首を清潔にし化粧水や乳液で肌を整える前に適量を首に伸ばすことで行うことが出来ます。

馬油は他の油とは違い、オイルではあるものの浸透率が高いため化粧水や乳液の前に行う場合の方がしっかりと浸透し、より効果を期待することが出来るようになるのです。

手のひらで温めてあげるとより効果的です。

まとめ

馬油は古くから親しまれてきた民間療法、スキンケア用品で馬の油から作られているものになります。馬油にはオレイン酸が豊富に含まれているため肌のターンオーバーを正常な状態へと導いてくれます。

そのため首イボの中でも老人性イボに効果を発揮しやすいイボになっています。

通常のオイルはスキンケアの最後に取り入れる場合が多いですが、馬油はスキンケアの最初に取り入れるものですので、使用方法には注意しましょう。

基本的に馬油は天然成分で作られており、添加物が含まれていないものも多いですから優しく肌ケアを行いたいと考えている方におすすめです。肌に優しい肌ケアを目指すなら馬油を取り入れてみてはいかがでしょうか。